てしごとや奄

手縫いの布なぷきん、篆刻はいかがですか?

消化不良

容量オーバーすると、途端に動きが悪くなる。
おかしいと思いつつ、とりあえず動く。
ムリをするとどこかに負担がくる。
いつまでたっても回復せず、苛立ちだけがつのる。

いったんカラにしてみよう。
欲望も罪悪感もほおり投げて。
関連記事
  1. 2009/08/31(月) |
  2. 雑・諸・他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロータス カラメルビスケット スプレッド

元々のカラメルビスケットが好きなので、この新商品を見た時は目がハート。
いろいろ言い訳つけて、買ってしまいました。
ロータス カラメルビスケット スプレッド
実際にビスケットが57%砕いて練りこまれてるので、味は変わらないけど、
油分が入った分、濃厚な感じ。
ビスケットがごろごろ、というのではなく、なめらか。

シナモンロール風にして焼いたパンは美味。
「ホットミルクに溶かしても」というのもありましたが、油っぽさが気になり、
私はもひとつ。
400g ¥735
PLAZAや成城石井で購入出来ます。
先日、成城石井に寄ったらセール価格になってました。
く・・・
関連記事

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

  1. 2009/08/29(土) |
  2. 行・買・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

虹
どーゆー並びだっけ?と調べる。
赤、橙、黄、緑、青、藍、紫が日本で言われる7色。
地域・民族・時代によって、いろいろあるらしい。
昔の沖縄は2色、というのには驚いた。
赤と黒、もしくは青というように明暗で捉えるところが多いんだとか。
光の強い場所だからかなぁ。
関連記事
  1. 2009/08/27(木) |
  2. 作・造・創
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無心

無心
よく見せようとしたり、ふと浮かんだ想いにとらわれたりすると、途端に乱れる。
到達しようとするとこれまたダメ。
ふと我に返ると、「あ」という感じになれば、納得の答えが出てる。


なんとも得がたい境地。
関連記事
  1. 2009/08/25(火) |
  2. 作・造・創
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

八百源来弘堂「肉桂涼感」

肉桂涼感1念願の「肉桂涼感」。
かなり小ぶりです。
底のつまみを折って出しますが、蓋をキレイにはがせなかったので、
ところどころにひっかき傷が。
肉桂涼感2うーん、残念。

やはり好きな味でした。
水羊羹、正解です。


八百源来弘堂 本店
 〒590-0943 堺市堺区車之町東2-1-11 TEL 072-232-3835
 9:00~17:00 日月


 肉桂涼感(5月~9月 期間限定) ¥630
   ◯高島屋大阪店 東館B1 和菓子銘菓コーナー


関連記事 : 泉北堂八百源来弘堂「肉桂羊羹」
関連記事

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

  1. 2009/08/23(日) |
  2. 行・買・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浄化

祝儀袋等で白い紙が使われるのには理由があった。

「白」には生命が発生して、帰っていく源という意味があるらしい。
冠婚葬祭に「白」が深く関わってるのに、納得。

「紙」は「神」に通じると言われ、不浄なモノを浄化する力があると考えられたそうだ。
確かに、人様に差し上げる時に使うモノ。
年末に障子を張り替えるのは、空間を浄化する意味合いもあるんだとか。

そういう意味合いのモノだから、和紙をすく際に、少しでも白に近づくよう、不純物をひとつひとつ手で取る作業をしているそうだ。
気の遠くなるような地道な作業。
まるで僧侶の修行のよう。

そんな日本的考え方が深く根付いていたとは。
慣習とは安易に変えるべきではないということか。
関連記事

テーマ:§紙もの§ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/08/21(金) |
  2. 作・造・創
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知らん権利

「オーラの泉」に出演してた倉本聰さん。
その中で「ニングル」の名が出てきた時、一気に記憶が蘇った。

高3の文化祭。
私たちクラスは倉本聰原作「ニングル」を演じた。
ニングルの言う「知らん権利」。
その大切さをわかりながらも、未だに「知る権利」を追い回してる。

1度知った甘い汁は簡単に手放せない。
どんなに自分の首を絞めることになっても、「今回だけ」と甘やかす。
チュチュの言葉に涙したことなんて、すっかり忘れてしまっている。

立ち止まるだけじゃダメだ。
1歩下がる勇気。
そして1人だけでは意味がない。

何が幸せで、何が大切か。
蘇る記憶の中で、失くしていったモノを思う。

関連記事

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/08/19(水) |
  2. 観・聴・読
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

うつろい

09夏風が変わった。
まだまだ暑いんだけど、やわらかくなった。
そう感じると、さみしくなる。
あぁ夏も終わりなんだと。

カンカン照りの中、歩き回ったことさえ懐かしい1枚。

西瓜も氷も食べてないなぁ。
関連記事
  1. 2009/08/17(月) |
  2. 雑・諸・他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハマってます

コッペパン(黒みつ&マーガリン)ヤマザキのコッペパン(黒みつ&マーガリン)
初め、期待せずに食べたのがよかったよーで、この暑さでマーガリンが溶けて染みてる感もよいのです。

「こち亀」コラボなので、期間限定と言い訳しながら手を出す日々。

HPには、「昭和20年代 好評を博したコッペパンとロシアパン」とありました。
へぇ、ロシアもなんやぁ。
ロシアも見かけるとつい買ってしまうんですなぁ。
関連記事

テーマ:パン - ジャンル:グルメ

  1. 2009/08/15(土) |
  2. 行・買・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

逆境でも

人間て笑えるんだ。
華やいだ明るい笑顔。

ほんの一瞬のことかもしれない。
だけど、こんなにもたくましいモノだったんだと思ったら涙が出てきた。

どうしようもなく、救いようがないことも多いけど、捨てたモンじゃない。
関連記事
  1. 2009/08/13(木) |
  2. 雑・諸・他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おもわず

声をあげた。
沖縄「あげずば織」。
とっても繊細なその布は、3デニール(絹糸の1デニールは4ミクロン)と説明を読んでも想像がつかない
細さで織られた「エアシリーズ」というもの。

 『ほとんど糸はみえません。手の感触で織っていました。』

作品を生み出した上原美智子さんの言葉は、簡潔だけど深い。

繊細さとやわらかさ。
それは確固たるモノから出来ている。

関連記事

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/08/11(火) |
  2. 観・聴・読
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大人買い?!

試写会「南極料理人」

堺さん、音楽:阿部B、主題歌:ユニコーンということで観たかった作品。
だけど、あんなに面白いとは思ってなかった。
役者もいいけど、間がいいんだなぁ。

閉ざされた空間でのストレスを、男達はおバカパワーで乗り越える。
バカでもなんでも楽しんだもん勝ち。
豊原さん、十文字隼人的派手さはないけどイイ味だしてます。

お釣りが合わなくってすぐバイトをクビになったと話してた堺さん。
そんなことを感じさせない見事な料理シーン。
役者というものは日常どんだけ不器用でも、こと演技となると集中力を発揮する。
因果な人種。

エンドロール、「サラウンド」がいい感じで染みます。

南極料理人注意事項。
お腹がなるので、空腹は避けましょう。
おにぎりをにぎる音があんなに魅力的だとは知らなかった。
関連記事

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

  1. 2009/08/07(金) |
  2. 観・聴・読
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TRUCK 新店舗

玉造とばかり思ってたら、旭区なんですね。
行きやすいとこだといいなー。

ケンタロウさんと一緒に考えたカフェも出来るそーで、ますます楽しみですが、
お客が押し寄せて「のんびり、ゆったり」には時間がかかりそーな。

09年秋頃完成予定だそうですが、また自分達で内装等手掛けるとのこと。
じっくり待たせていただきましょう。


関連記事 : レオ ナイスブレッドブーランジェリー・イエナブーランジェリー グウ
関連記事 : TRUCKねばり勝ち時間つぶしの拾いモノ
関連記事

テーマ:大阪 - ジャンル:地域情報

  1. 2009/08/05(水) |
  2. 行・買・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蚊に◯◯れる

◯◯に入るのは「刺される」? 「食われる」?
私は「かまれる」。
これって西日本だけなんですね。
先の2つは全国的で、「食われる」は比較的東日本が多いとのこと。
「吸われる」というのも少数ながらあるそうで。 

方言と認識してないものって、まだまだあるんだろーなぁ。
関連記事
  1. 2009/08/03(月) |
  2. 雑・諸・他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

桜井甘精堂

桜井甘精堂雑誌で、こんな写真に遭遇。
「桜井甘精堂の栗ペーストやっ!」


お店で「栗の渋皮煮」「栗ペースト」「栗みつ」の並びを見た時、身悶えた。
 (そーだ、栗好きの先輩のお土産、コレにしよう) (えーでもどれにするよ?)
 (自分のも買いたいゾ) (重さも考えなきゃ)
ものすごい形相で考えてたのは覚えてるけど、その時はどれ買ったんだか。
あとあとで全制覇したハズ。

小布施には他店もあるけど、桜井甘精堂に行くのは栗おこわがお目当て。
ごろんとした栗がたまらないのだ。
食べ比べたのではなく、見た目判断。
訴求力、大切です。

他店だったと思うけど、「落雁」を食べた時に目からウロコ!
期待してなかった分、余計だった。
今では大好きな一品。
栗味と思い込んでいたら、原料は赤えんどう豆。
どっちにしても好きな味ではあるんだけど、ね。


マロンクリームを買おうとしてたので、余計に響いた1枚。


桜井甘精堂 本店
 〒381-0201 長野県上高井郡小布施町小布施774 TEL&FAX 026-247-1088
 8:30~19:00(火曜17:00まで) 無休


関連記事 : 新潟チップス うすしお味おやき リベンジシリーズ赤飯 その2
関連記事

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

  1. 2009/08/01(土) |
  2. 行・買・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アルバム

行・買・食

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

QRコード

QR

フリーエリア

「てしごとや奄」 布なぷきん&篆刻
http://teshigotoyaen.blog26.fc2.com

当サイトはリンクフリーです。
リンクの際、メールでひとことお知らせいただけると嬉しいです。
 ※ 相互リンクはお休みしています。

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード