てしごとや奄

手縫いの布なぷきん、篆刻はいかがですか?

覚えてるよ

先勝
モノだったり、フレーズだったり、
するりと浮かぶ人。
ほくそ笑んだり、懐かしんだり。

その瞬間を流さない。
小さな小さなボールを投げる。

短い小さなやりとりが
不思議なほど、あったかくしてくれる。
関連記事
  1. 2016/07/29(金) |
  2. 雑・諸・他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

頑固

大安
自転車での散歩に、
頑として動かない小型犬。

ご機嫌ナナメねぇ、と通り過ぎる。

たいぶ歩いた後、自転車が通る。
後ろカゴに満足げな犬。

あ、散歩拒否ね。

犬にも個性。
笑っちゃうくらいの個性。
関連記事
  1. 2016/07/27(水) |
  2. 雑・諸・他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

編む・組む

先負
リズムをつかむまでも難しいし、
途中で止めると、次の動作がわからなくなる。

三つ編みなら楽勝。
通常ならば、だ。

細い糸、
かなりの長さ。
怖くて手が止めれない。
美しい出来上がりを思うと、
止めれない。

甘くみてたな。
関連記事
  1. 2016/07/25(月) |
  2. 作・造・創
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白熱

大暑/赤口
大暑の今日、街中も、テレビも、人々も熱くなっている。

外から眺めると摩訶不思議な世界。

ふと親の小言が浮かぶ。
「それぐらい勉強やったら?」
関連記事
  1. 2016/07/22(金) |
  2. 雑・諸・他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人となり

仏滅
丸っこい字。
あぁ、人柄が出てるなぁ。

きたない字より、きれいな字。
そう思うのが人情。

きれいな字だからいい人とも限らない。
きれいな人がいい人でない時より落胆度は大きい。
関連記事
  1. 2016/07/20(水) |
  2. 雑・諸・他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そこ?

海の日/友引
セミの声が近い。
追ってみると、
ベランダの柵にしがみついている。

他にもあるだろうよ。

木に止まれば捕まるし、
これはこれで正しいのか。
関連記事
  1. 2016/07/18(月) |
  2. 雑・諸・他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏の便り


はがき 拡大:裏
はがき 拡大:裏
なかなか会えない、あの人に。



ふと思い出した、あの人に。






はがき 拡大:裏
はがき 拡大:裏
最近元気のない、あの人に。



昨日にっこりさせてくれた、あの人に。







はがき
便りという、ささやかな時間のプレゼント。

肩ひじはらず、自分の言葉をしたためる。
あなたの気持ちが、より伝わる。


>> はがき


関連記事
  1. 2016/07/15(金) |
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こっから

先負
懸念してたところが、やはり気になる。

別のにするか。
妥協するか。

他に手はないか。
もうひとあがき、
ふたあがき。
関連記事
  1. 2016/07/13(水) |
  2. 作・造・創
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

悩み

先勝
小さい頃。
外的要素を笑われ、注意され、
真剣に悩んでいた。

大きくなり。
治ったり、改善されたり、
何をそこまで悩んでいたかと思う。

今、悩んでいることも、
10年先、20年先思い出せば
取るに足らない笑い話になっているさ。
関連記事
  1. 2016/07/11(月) |
  2. 雑・諸・他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨ならば

仏滅
前のめりに楽しもう。

乾きやすい服。
ビーサン。

いっそカッパで歩いてみる。

思わずスキップしてるかも。
水たまりにウキウキだ。
関連記事
  1. 2016/07/08(金) |
  2. 雑・諸・他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横着

友引
やりたくない。
えぇーい、と進めるうちに
ひらめく。

いいデザインじゃない。

苦手が生み出す良い結果。
関連記事
  1. 2016/07/06(水) |
  2. 作・造・創
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒント

赤口
どーしたもんか。

ふとヒントを得た。
いいんじゃないかい?

手がかりだけでうれしくなる。
関連記事
  1. 2016/07/04(月) |
  2. 作・造・創
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

半夏生

半夏生/先勝
いつしか当たり前になってきた半夏生。

誰かが目ざとく光を当てたもの。
時代はそんなもので作られていく。

何かが当たり前になると、
何かが忘れ去られていく。
関連記事
  1. 2016/07/01(金) |
  2. 雑・諸・他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アルバム

観・聴・読

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

QRコード

QR

フリーエリア

「てしごとや奄」 布なぷきん&篆刻
http://teshigotoyaen.blog26.fc2.com

当サイトはリンクフリーです。
リンクの際、メールでひとことお知らせいただけると嬉しいです。
 ※ 相互リンクはお休みしています。

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード