FC2ブログ

てしごとや奄

手縫いの布なぷきん、篆刻はいかがですか?

天童荒太「悼む人」

話題作や平積みというくくりで、最初に手を出した作家さん。
「永遠の仔」の作者といえばご存知だろう。

私は痛い映像や描写がダメ。
リアルに想像してしまうのだ。
「家族狩り」は出だしでそんなシーンがあって、痛いわ、読みたいわ、しょっぱなで挫折??と葛藤。
痛がりを熟知している友達に「よく読めたねぇ~」と感心されたほど。

どの作品も分厚いが、読み出すと止められない。
痛みを伴うので、読むにも体力がいるが、書き手がどれだけの時間と体力をつかっているか。
想像以上の話が、ほぼ日刊イトイ新聞 「天童荒太さんの見た光。 対話するように書いた物語。にあるので、興味のある人はゼヒ。

今日発売でまだ手元にはない。
あっという間に読んでしまうんだろーなぁ。




関連記事 : 祝! 直木賞天童荒太「歓喜の仔」
関連記事

テーマ:気になる本・雑誌 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2008/11/28(金) |
  2. 観・聴・読
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ブランジェリー ア・ビアント | ホーム | 映画「マルタのやさしい刺繍」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://teshigotoyaen.blog26.fc2.com/tb.php/353-ea19418f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アルバム

行・買・食

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

QRコード

QR

フリーエリア

「てしごとや奄」 布なぷきん&篆刻
http://teshigotoyaen.blog26.fc2.com

当サイトはリンクフリーです。
リンクの際、メールでひとことお知らせいただけると嬉しいです。
 ※ 相互リンクはお休みしています。

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード